Auditory Media Laboratory / 和歌山大学 聴覚メディア研究室 和歌山大学 聴覚メディア研究室
http://media.sys.wakayama-u.ac.jp/AudioMediaLab/
Mail to webmasters
HOME研究紹介

聴覚メディア研究室の研究を紹介します。

音は、人と人、人と機械のコミュニケーションを支える音声として、感動を伝える音楽として、また、周囲の状況を知らせるサインとして、様々な局面で私たちの生活に関わっています。 私たちは,音から様々な情報を取り出し,また、様々な情報を込めた音を生み出すことができます。 聴覚メディア研究室では、人間と音との関わりについての研究を通じて、これらの能力を支える仕組みを明らかにし、様々な応用につながる技術を生み出しています。

主な研究テーマの紹介

私たちは、音に関する研究を広く扱っています。その応用と適用の範囲は途方もなく広大であると考えています。 課題解決に要するアプローチや検討の手法は様々であり、同時に、それらが互いに関係して研究は構成されます。 このため、研究の内容は単純に分類できるものではありませんが、以下では、主なトピックごとにテーマを分け、簡単にご紹介いたします。 また、私たちの研究の範囲は、以下の内容に限定されるものでもありません。 常に研究は進化してます。 気になる点がございましたら、ご気軽にご相談ください。

研究業績一覧

受賞一覧

デモンストレーション

以下で紹介するデモンストレーションでは、聴覚メディア研究室の研究成果を実際に、見て、聴いて、触っていただくことができます。ぜひ体験してください。

感情音声のモーフィング

感情音声のモーフィング 声に含まれる感情の成分を変化させることで、様々な感情(怒りと喜びと哀しみ)が入り交じった声を作ることができます。 これを可能にしたのが、音声分析合成変換システム STRAIGHTです。 STRAIGHTを使うと、音声を分析、分解して、物理的な特徴にし、それを変化させた後、高品質な音声として再合成することができるようになります。 将来的には、様々な声の成分を操作できるようになり、自由に声を操ることができるボイスチャンジャーとして利用できるようになります。

音声入力・音声認識Webシステムw3voice

音声入力・音声認識Webシステムw3voice 会話ができるコンピュータを目指して、次世代のインタフェース技術として開発が進んでいるのが音声認識、対話技術です。 私たちが作ったw3voiceシステムを使うと、みなさんがお使いのコンピュータそのままで、Webページ上の音声認識や音声対話アプリケーションを使っていただくことができます。 コンピュータにマイクをつなげて、しゃべりかけてください。 最初は慣れないかもしれませんが、恥ずかしからずに挑戦してみましょう。 また、簡単なボイスチャンジャや音声分析のアプリケーションを試していただくこともできます。

(c)2006-2008 Auditory Media Laboratory all right reserved. http://media.sys.wakayama-u.ac.jp/AuditoryMediaLab/